最高の秋の味覚

 今朝は、棚田の管理人の呼び声で目が覚めた。「お早うさん、用水路でカニを捕まえたので持参したよ!」既にAM8時を過ぎていた。ベッドから飛び起きて玄関へ出ると、生きたままのモクズカニが目の前に突き出された。「すぐ、調理した方が美味いから」と言われ、早速、ナイフを口に差し込んで絞めた。スポンジたわしで甲羅を洗ってから、裏のふんどし(蓋)を開け、さらに包丁を差して甲羅を割り、鍋に入れて、豆腐、長ネギ、味噌を加え煮ているところです。

裏側の口の部分にナイフを差し込んで占めたところ
早速、味噌汁のだしにしました。お玉ですくって味見したら「まいうー!」

 外は、カンカン照り。あのくそ暑い夏が戻って来たような感じだった。

昨日の雨と今朝の夏の日差しで稲が少し青くなったような気がする
日が西に傾いた頃、昨日届いた野菜苗のうち、白菜20株、キャベツ10株、枝ブロッコリー4株を畑へ植え付けた。残りの苗は明日に予定。
同上
同上
本日の収獲 : 胡瓜は相変わらずだけど茄子がぼちぼち採れ出した。
本日の夕食

玉ねぎ苗の発注

 今年も、早々とタキイに玉ねぎ苗を発注した。発注内容は下掲の通り3種類で、それぞれ200本づつ、いずれも11月上旬に届けられる予定

1,猩々赤(しょうじょうあか)・・・良質でおいしい生食用のレッドオニオン。外皮は美しい赤紫色。玉は厚みのある扁円で、大玉によく揃う。赤玉としては貯蔵性も高く、8月末まで貯蔵可能。生育旺盛で作りやすく、トウ立ちや分球も少ない。

200本(11月上旬届け)

2 ネオアース(定番品種)・・・玉は豊円球で、揃い・しまりとも良好。特に皮色が濃く、ツヤがあり美しい。安定した品質で貯蔵病害にも強い。

200本(11月上旬届け)

3 スパート(早生品種)・・・肥大性がよく、大玉でよく揃う早生多収種。抽苔や分球が少なく、病害、寒さにも比較的強く作りやすく、玉は甲高でしまりもよい。

200本(11月上旬届け)

 植え付け場所は、棚田の畑(薩摩芋跡地)に300本、開墾地(トウモロコシ跡地)に300本を予定