久しぶりに安良里マリンとのゴルフを楽しんだ

 本業(スキューバダイビング教室)のシーズンを終えたばかりの彼と久しぶりにゴルフを楽しんだ。コースはラフォーレ修善寺CC。天気は晴れマークの予報がいつもの通り外れて、終始、曇り空の下でプレーした。でも、日差しはなかったが、半袖でも、左程、寒く感じなかった。富士山は姿を見せていたが、残念ながら、雪はすっかり消えて、いつもの夏富士でした。

 僕と安良里マリンの外に、西伊豆ペンションが加わり、3人でプレーした。西伊豆ペンションは昨日もこのコースのオープンコンペに参加して、77のベスグロをマークしたセミプロ級(特にパットの名手)。安良里マリンは3か月ぶりのゴルフだといっていたが、以前に比べて格段に上達していた。ドライバーでは僕より常に前をキープしていたし、アイアンの精度もかなり向上していた。きっと本業の合間に練習していたんだと思う。昨日も練習場で相当、打ち込みをしたという。

 肝心の僕は、いつもの通り3パットを量産し、前半のアウトが47。後半のインは少し乱れて49,トータル96で何とか100切りを果たしたが、今、僕が目指しているのはスコアや飛距離よりも格好いいフィニッシュだ。それが出来なかった。素振りでは本人もうっとりするほど格好よく出来るのに、本番では何故かイメージ通りに出来ないのだ。やっぱり当てようという意識が強すぎるんだろうね。でも、必ず克服する.。振り切るのだ! 振り切るのだ!  次回は頑張るぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です