薩摩芋堀り

昨日、117球投げたばかりだよ。本当に信じられない。

午後は、雲間から青空が覗き、日も差した。くそ暑くはなかったけど、それなりに暑かった。
川向こうの畑の薩摩芋の蔓返しを兼ねて周りの草刈りを行った。此処の収穫は10月を予定している。(紅はるか80株、鳴門金時100株)
薩摩芋畑のニラは満開です。
大根が発芽した。31株
同上
本日の収穫 : 棚田の畑の薩摩芋(紅はるか)の約、3分の一を収穫した
中央は40cm以上の長さ。右は合体、左が普通の大きさ
本日は胡瓜が7本と、ミニトマトが少々。

胡瓜の奈良漬

塩漬け胡瓜 : 水気を切ってから粕漬
この酒粕はアピタで買い置きしていたもの :酒粕2.5㌔、ザラメ1㌔、、ホワイトリカー少々
中央が今回の粕漬
昨日までに収穫した胡瓜(36本)を塩漬けにした
室温25℃で保存 奈良漬けは約1ヶ月以上熟成しなければならない。1年以上保存可能

今後の目標は胡瓜8㌔、大根の奈良漬けは試験的に行うかも? なお、来年は青瓜を栽培するつもり。また、今年は地元産の大豆と塩で手作り味噌に挑戦したいなぁ???

本日の夕食は薩摩芋ご飯。 : 本日、栗を冷凍保管したばかりなので後日、栗ご飯を作る予定。

※ 栗の保存

栗は茹でてから冷凍すると解凍した場合、意外と皮は剥けにくいし、煮崩れもする。一方、冷凍保冷存した生栗は、必要なだけ熱湯に5分浸ければ、鬼皮だけでなく渋皮まで簡単に剥ける。