今日も朝から雨

棚田の風景
同上
紫陽花は英語で「hydrangea」という。「水の器」という意味だそうです。雨が似合うのも頷ける。
田圃にはオタマジャクシの他にタニシも一杯、棲んでいます。
今日も鴨が気持ちよく泳いでいた。もう一羽は畔にいました。夕方には巣立ったばかりのツバメ達が田の上を舞う。時々、タニシやオタマジャクシを目当てにカワセミやアオサギやもやってくる。
本日の昼食は久しぶりにラーメン

インゲンの種植え

 PM2時頃から雨が止んだので、棚田の赤玉葱跡地に蔓なしインゲンを22株(1株当たり3粒)、開墾地の早生玉葱跡地に蔓ありインゲンを蔓なしと同様に22株をそれぞれ種植えした。また開墾地のゴーヤが蔓を伸ばし始めたので有り合わせの資材で支柱を組んだ。今日の超過勤務は約1時間でした。なお、坊ちゃん南瓜の花合わせは、雨が本格的に降り出す前の早朝(AM6時頃)に済ませた。

奥の赤玉葱跡地に蔓なしインゲンを1列(11株」)×2列、種植えした。手前の白玉葱跡地は十分な幅が確保できないので別の夏野菜を植える予定
開墾地の畑には蔓ありインゲンを1列(11株)×2列、植えた。
ゴーヤの支柱を組み立てた。手前の茄子は何とか生きています。

 なお、台湾への迅速なワクチン支援を見習って、明日中に、大根(数本)やキャベツ(1個)などを東京へ送るつもり。大根の葉は胡麻和えにすると美味しい。新生姜の甘酢漬け(ガリ)はじゃが芋(キタアカリ)と一緒に17日に持参する。 

本日の夕食