大晦日

令和4年(2022年)もあっという間でしたね。色々あったけど、1年間、楽しく元気に過ごせて、僕にとっては幸せな1年でした。ゴルフは全然駄目だったけど、最近では、みかんもぎをやり終え、頂いたミカンをおすそ分けしたりして周りに喜んでもらい、達成感を味わえた。今朝はそのお礼に西浦みかん農園を訪れ、昨日、突いたばかりの黒米餅1のしを畑で採れた小松菜や水菜等と一緒に差し上げた。そしたら、また、みかんを頂いちゃいました。

本日、頂いたみかん等:中央の大きい3個は何だろう?温州みかんではない、「はるみ」かな?干芋は茨城の知人から頂いたものらしい

帰宅途中、スーパーへ寄って、生そばと菓子を買って来た。

薪小屋で一服

分断の社会と言われている今日ですが、これからも、何とか人との繋がりを大切に保っていきたいです。その意味でゴルフは下手だけど、やり続けるし、また、みかんは何故か、老若男女問わず喜んでくれるので、来期のみかんもぎも続けるつもりだ。何しろ、みかんは、ありふれているけど他の果物には無い不思議な力がある。甘くてもビタミンCがたっぷりだもんね。但し、皮は消毒薬(西浦農園では消石灰液を使用)が残留している畏れがあるので口にしない方が良い。中身の白い筋は不味くても栄養価が高いので食べましょう。

薪小屋では、一足先に令和5年を迎えています。

来年は79歳か?まぁ、そんなこと、どうでもいいや?さて、ホームセンターへ出かけてお飾りを買ってこようかな

薪小屋の郵便受けの上にお飾りを付けた
母屋の玄関にも取り付けた
ホームセンターからの帰りに隣村(紙谷地区)のゴルフ仲間の家に寄ったら丸餅ととろろ昆布を頂いた。

駐車場脇の蠟梅はまだ3輪しか開花していない
同上

今日も、いつもの通り薪小屋で今夜の薪を作ったり、ブログ発信したりして、辺りが暗くなるまで(PM6時頃)過ごした。

本日の夕食は年越しそば