ヤクルト村上宗隆!最終戦、最終打席で56号HR!22歳して3冠王!何という男だ!凄い!!

「村神様」が「世界のホームラン王」を超えた! ヤクルト村上宗隆内野手(22)が、今季最終戦で日本選手シーズン最多となる56号本塁打を放ち、64年王貞治(巨人)の55本塁打を上回った。7回無死、DeNA入江から打った。13日巨人戦(神宮)の9回に55号3ランを放って以来、61打席ぶりの1発で、王、01年ローズ(近鉄)、02年カブレラ(西武)を上回る歴代単独2位に浮上。プロ野球記録の13年バレンティン(ヤクルト)の60本まで4本差とした。最後の最後に本拠地で決めた。神宮では今季ここまで67試合で22本塁打。特別相性は良くないが、8月2日中日戦では日本記録となる5打席連続本塁打、9月2日中日戦で史上最年少の50号本塁打など、記録的な1発をマークしてきた。55号を放って以降、相手バッテリーからさらに厳しい攻めが続き、苦しんだ。25日の優勝会見では、個人記録により注目が集まる状況に「もっともっとプレッシャーかけて、押しつぶすくらいプレッシャーかけてもらいたい」と力強く話したが、この日まで足踏み。その重圧もついにはねのけた。(日刊スポーツ)

ヤクルト・村上宗隆に56号本塁打と3冠王達成で「3億円の家」

 ヤクルトの4番・村上宗隆選手(22)が3億円相当の家を1棟ゲットした。3日に本拠地の東京・神宮球場で行われた最終戦のDeNA戦で、プロ野球歴代単独2位となる56号本塁打に到達。3冠王達成も祝して、球団スポンサーの不動産会社「オープンハウスグループ」は当初の公約から上積みして「上限3億円(税込み)の家」という前代未聞のボーナスを贈るという。(毎日新聞)


若くありたいと思う哀しい年寄りの性(さが)

内容については話半分に聴いて下さいね

悲しいかな、若くありたいと欲すること自体が年寄りの哀れさを示す。しかし、今さらと思いながらも、また、ゴルフのスコアを何とか80台に収めるためにも、恥ずかしながらAmazonに発注しちゃいました。