薩摩芋畝つくり(その2)

来月から外国人観光客を受け入れるんだって?修善寺界隈も、あの、うるさいチャイナで賑わいそう。もう少し行儀良くしてくれないとね。しかし、日本も昔、高度経済成長期には、恥も外聞もなく、同じように振る舞っていたもんね。特に農協。偉そうに言えない。

昼食は頂いたお弁当。缶ビールも頂いたけど夕食で頂きます。(お手伝いはPM1時30分頃に解散)

午後は早速、野良仕事です。

新たにサツマイモ用の畝を作り、自作のアミノ酸ぼかし肥料をたっぷり鋤き込んだ。ここへはホームセンターで差し穂(鳴門金時か、紅あずま)が安くなったのを見計らって植えるつもり。
昨日作った3列の畝の各中央に溝を作り、そこへ余ったぼかし肥料を再度、入れて覆土した。:ここへは、紅はるか40株、ほしこがね40株、パープルスイート20株、シルクスイート20株、計120株を予定している。
胡瓜はそろそろ、防虫ネットを外して支柱を立てなくちゃ。なお、今付いている花や実は全部、摘みます。
花の咲いたブロッコリー
本日の夕食は横着してJT株主優待のインスタントライスとインスタントラーメン:このライス、悔しいけど僕のライスより美味い。

さて、明日は村のコンペ。雨の予報だけど、やるんだって?仕方ないので、着替えの外に手袋は3枚、雨合羽は2組用意する。