ジャガイモの芽掻き

 春先の植え付け後の芽掻きではなく、収穫したジャガイモそのものに発芽した芽を掻き取る作業です。AM8時から始めてPM1時過ぎにようやく作業を終えた。男爵、十勝コガネ、キタアカリ、メークインをそれぞれ1個づつ、小型ナイフの刃先で芽を掻き取り、同時に食料用、種芋用、廃棄処分の3種類に選別した。食料用と種芋用はそれぞれ種類ごとにコンテナに詰めて床下物置の光の入らない奥の方に保管した。なお、十勝コガネは24日に東京へ持参する。この芋の特徴は収穫後2~3ヶ月後が甘みが増して最も美味しいと言われている、つまり今が旬なんです。

これはキタアカリ?もしかして男爵かも。手前が食料用、右側は種芋用、奥が廃棄処分
休憩 : 横須賀から頂いたトラジャ珈琲とカステラ
作業が完了したので畑の茄子や胡瓜などを収穫した。
また、奈良漬け及び柴漬け本舗「翠泉庵」の仕込みを始めます。ゴーヤは取り合えず、中の種を取り、冷凍保存します。

棚田の様子

ようやく色付いてきました。
小松菜の発芽
チンゲン菜
正月菜

 ほうれん草もそれらしき芽が出ていたけど断定できないので画像は省略した。