薩摩芋堀り第2ステージ

 今日は晴れ時々曇りだったけど、暑かった。午前中は、昨日、小松菜等の種植えをした棚田の畑へ出て、種植えした箇所の土が乾燥しないように、田の畔の草を刈り採り、その草で畝を薄く覆い、さらにたっぷりと水やりをした。

芋堀り

 今日は、場所を移して川向こうの畑の紅はるかを掘り出した。鳴門金時は第3ステージに予定。但し日時は未定。

芋掘り開始前 : 今日は右側の畝の紅はるか68株を掘り出す。中央と左側の鳴門金時98株は未定
手で掘り出しやすいように、先ず、蔓を切り取ってから、畝の両側の土をスコップで掘り起こす。汗だくの作業です。
掘り出し完了
同上
手引き4輪車に積載。 :10本ほど沢蟹の食害跡があったが、ネズミや虫による食害はなく病気痕も皆無。
川の土手に曼珠沙華(彼岸花)が咲いていた
早くも、庭の金木犀の花が咲き始めた。辺りに独特の香りが漂っています。
庭の酸っぱい早生ミカン
本日の収獲 : 西瓜とゴーヤはこれで終わり
胡瓜の奈良漬け(胡瓜80本) : 食べられるのは1ヶ月後の10月13日。忘れないよう樽に表示した。
この奈良漬けは3袋のうち2袋(胡瓜50本)を今月24日に持参するが食べられるのは10月2日以降

 明日は伊豆国際CCにて9月期愛好会が開催されるが、参加を見送った。でも、仲間に薩摩芋を自慢したいので、段ボール箱に詰めて持参するつもり。西浦ミカン農園の美味しい早生ミカンの期待もある。

本日の夕食