芋団子

沢山採れたジャガイモを使った料理をWebで検索していたら、芋団子&芋餅の作り方の記事があったので紹介します。

北海道の「いももち」は、ジャガイモで作る

北海道の「いももち」は、ジャガイモで作る

いももちはジャガイモを茹でて丸めて焼く、というシンプルな料理ですが、いももちと呼ばれる料理は北海道以外にも存在します。高知などでは、かんばもちと呼ばれる、サツマイモを使ったいももちが有名です。また、岐阜では里芋と米を使ったいももちが作られています。
北海道のいももちは、ジャガイモを使います。いももちでなく、いもだんごと呼ぶ地域もあります。北海道産のおいしいジャガイモを茹でてつぶして、まんじゅうのような形に丸めて、バターなどで焼きます。塩味でも十分においしいですが、醤油と砂糖の甘辛のタレをからめたものが定番の味つけです。

発祥は開拓時代。もち米のかわりにジャガイモが使われた

定番の甘辛味

定番の甘辛味明治になって北海道が“開拓”されたころは、道内ではまだ米づくりができなかったので、もちを作るときには、もち米のかわりにジャガイモが使われていました。これが、いももちの始まりだといわれています。

当時、北海道ではジャガイモは豊富に生産されていたので、いももちは開拓者たちの貴重な栄養源となりました。また、手軽に作ることができるため、庶民のあいだにも広がり、戦時中や戦後の食糧難の時代にも食べられていました。暮らしが豊かになった現在でも、いももちは北海道民のソウルフードとして、お年寄りから子どもまで広い世代に食べられています。

茹でたジャガイモをつぶして焼くだけのいももちは、開拓時代から伝わる北海道の郷土料理。シンプルゆえにアレンジも豊富ですが、定番の味つけは甘辛のタレをからめたみたらし風です。

作り方は簡単! 茹でたジャガイモに片栗粉を加えて形を整え、焼くだけ

バターをのせて(写真はイメージです)

バターをのせて(写真はイメージです)では、いももちはどうやって作るのでしょうか。その作り方はとてもシンプルです。
まず、ジャガイモを蒸したり茹でたりして、つぶします。そこに片栗粉を加えてよくまぜ、まんじゅうのような形に整えます。あとは、バターなどで両面をこんがり焼けばできあがり。男爵イモのほうがつぶしやすく、口あたりもなめらかに仕上がりますが、ほかの品種のジャガイモでもOK。
道内では、いももちを食べることができる飲食店もあるほか、観光地のお土産店や高速道路のサービスエリアなどで、冷凍のいももちが販売されています。また、地元のスーパーではお惣菜コーナーにいももちが並んでいるので、手軽なおやつとして道民に重宝がられています。

揚げたり、スープに入れたりなどのアレンジも。チーズ入りも美味!!

中にチーズが入っています

中にチーズが入っていますいももちというと、醤油と砂糖の甘辛いタレが定番ですが、最近はチーズを入れたいももちも人気です。つぶしたジャガイモの中にチーズを入れてから形を整えてこんがり焼くと、みたらし風とは違って、見た目も味も洋風で、オシャレ感がアップします。チーズを入れたものを焼かずに揚げても、とっても美味。ビールのおつまみに最高です。

また、つぶしたジャガイモを直径3cmほどの円筒形にしてから、厚さ1.5cmくらいに切り分け、スープに浮かべてもおいしくいただけます。スープはシンプルな三平汁、味噌やバターで味つけしたコーン入りのスープなど、どんなスープでもしっくりきます。
シンプルゆえにいろいろとアレンジができるいももち。どんな味にしようか悩むのもまた、楽しみです。

参考
農林水産省:北海道 いももち/いもだんご