晴れの筈が雨でした

予報では、今日は朝から一日中晴れマークだった。ところが、朝、起きてみると外は意外にも雨でした。でも、その内、きっと晴れるだろうと思い、本日のゴルフコンペ(桂谷コンペ)に参加した。送迎はいつものように近隣の仲間がやってくれた。その仲間も、僕と同じく「今はにわか雨だが、コースに到着するころには晴れるでしょう」と高を括っていた。しかし、クラブハウスに到着しても、そしてプレー開始してからも、霧雨だったけど一向に止む気配はなく、結局、ホールアウトして温泉に浸かり、着替えて帰宅する時も、PM3時頃に自宅に到着しても、依然として雨は降り続いていた。その後、温泉街での反省会では、スコアが悪かったのは雨の所為にして、生ビールを大ジョッキーで2杯飲んだ。順位は10人中4位(新ぺリア)&ドラ短賞(最も飛ばなかったで賞)。詳細については翠泉庵のゴルフに掲載予定

そこで出されたつまみの枝豆は美味かったけど、僕が作った丹波黒大豆のほうがはるかに美味いような気がした。

傘を差すほどではなかったけど、終始、細かな霧雨が降り続いた。
秋の風景
拙亭前のススキ
拙亭入口のガマズミ