大晦日

 泣いても笑っても、今日で2021年’(令和3年)は終わり。あっという間でした。今朝はAM7時に起床し、ストーブの火を起こして今、やっと朝飯代わりに餅を食べ終えたところ。外は珍しく空っ風がピュー、ピューと音を立てながら吹いている。寒いです。家の中ではストーブの上でやかんがピュー、ピューと音を立てて湯を沸かしている。暖かいです。

桜餅、草餅(よもぎ)、黒米餅 : 我が部落では白餅よりも桜色の餅を好むようだ。

 さて、これから大掃除です。とは言っても、新聞紙、雑誌、ダンボール、ガラス瓶、電池をそれぞれにまとめ、その他の燃えるゴミは焼却(風が止んでから)し、生ごみはコンポストにいれるだけ、なお、コーヒーかすは別にして乾燥し、脱臭剤や肥料として使う。また、ストーブから出た木灰はジャガイモ予定地に散布する。(病害防止、防虫に効果)

今日も、みかんもぎの癖が出て、昼のおにぎり弁当を作って薪小屋で食べた

 ゴミの片付けが終わったら、明日の猪鍋の準備のため畑へ出ておでん大根2本と白菜2株を収穫した。なお、酒は横須賀から頂いた清酒2本を提供する予定。更に明日の新年会でみかんを配るため夕食後はその袋詰めです。

左側はアマゾンでも入手出来るけど右側の「真山」は地元(秋田)でも極めて入手困難な希少酒(あきたこまち純米原酒)です。
最後のカリフラワー : まだ小さいので収穫は、天候次第だが年明けてから数日後かな。バター炒めが最高に美味いらしい。
冬の夕暮れ
同上
年越し蕎麦