餅つき

 今日は近隣の餅つきに呼ばれ、黒米餅1のし、白餅1のしを頂き、午後からそれを西浦みかん農園へ届けた。その帰りに、寿太郎みかんをコンテナに2箱頂いて来た。この2日間、みかんを近隣やゴルフ仲間等にコンテナで3箱を配ったので、残り3箱となったが、本日、新たに2箱増えたので、薪小屋のみかんコンテナは、また5段重ねとなった。

近隣の餅つき現場
以前は、臼と杵で突いたが今は電動の餅つき機

 なお、今朝はAM7時に起床したが、玄関に、黒米餅と紅餅の切り餅が置かれていた。全然、気付かなかった。餅の柔らかさから、昨日突いたものと思われる。誰からなのか、概ね、見当をつけているが、なかなか連絡が取れない。取り敢えず、床下の冷凍庫に保存した。

玄関に置かれていた切り餅(2升分かな?)
昨日、安良里マリンから頂いた各種カレンダー
その中から、鬼滅の刃カレンダーを薪小屋に掲げた

 さて、本年は後、1日を残すのみとなった。新型コロナに翻弄された1年でしたが、この先、どんな展開となるのだろうか?、何とか収まって欲しいものだ。ところで、最近、オミクロン株と称するコロナウイルスが流行り始めたが、特に冬場は空気が乾燥するので、鼻や喉の粘膜の機能が低下し、感染し易い。決して油断出来ない。マスク着用は勿論、うがい、手洗いの励行は欠かせない。つまり、従来からやってきた風邪予防対策を徹底することだと思う。また、鼻や喉の粘膜を保護するため、エアコンは出来れば加湿する。ストーブの場合はやかんで常に湯を沸かす状態にしておく。