夏野菜これから本番

 暦の上では明日から秋ですが、わが農園では、これからが夏野菜の本番です。坊ちゃん南瓜は終わったけど、他の夏野菜は、今よりも、これからが正念場です。

庭の栗も順調に育っている。
朝採り野菜 : ミニトマトは昨日の分も含む

 これらの野菜は、昨日収穫した蔓なしインゲンと一緒に発泡スチロール箱に詰めて、午後、郵パックで東京へ送る。ついでに柴漬けも入れたよ。明日(土)中には届くでしょう。

最初の茄子はゴーヤの蔓に覆われてしまった
茄子の第2段目(8株)
これは、完全に秋茄子
蔓ありインゲンもいよいよ、実を付け始めた
同上
挿し木のミニトマトも色付き始めた
トウモロコシは雄穂だけでなく雌穂も出て来た
一番果を収穫したら、急に大きくなって来た。同じ株だったかも?
カラスにやられないようにネットで覆った

 郵便局からの帰りに、農協直販所へ寄った。柴漬けを全部、東京へ送ったので、また、新たに作るため、材料となる赤紫蘇を2束(20本)(@150円✖2)、茄子を15個(@20円✖15)、胡瓜を3本(まとめて100円)それぞれ買った。ゴーヤは1本100円で売っていたが、わが農園のゴーヤに比べるとかなり見劣りした。茗荷は高いねぇ、胡瓜よりも高く1個40円だもんね。スーパだと1個70円。なお、畑の胡瓜や茄子、赤紫蘇の収穫は早くて旧盆過ぎになる。また、そのころに庭の茗荷も顔を出してくるので、本格的な柴漬けや奈良漬けが出来る。

本日の夕食

 上掲画像の漬物は京都、大原の土井志ば漬け本舗のきざみ柴漬けと胡瓜の自家製奈良漬け