恵みの雨

 今日は朝から恵みの雨。とはいっても、今、雨で恩恵を受けるのは精々、さつま芋、西瓜、南瓜ぐらいでしょう。他にはニラとか大根があるが、大根はむしろこれ以上大きくなると困る。里芋とインゲンは昨日、やっと畝を作って、ベレット状の堆肥を鋤き込んだばかり。

里芋はじゃが芋のメークイン跡地に約60株、植える予定だ。種芋は既に拙亭前の畑や川向こうの畑に仮植えしており、芽だけでなく葉も伸びてきている。
インゲンは蔓ありと蔓無しを棚田の玉葱跡地に植える予定
里芋予定地を耕していたところ前作のメークインがゴロゴロ出て来た。予め予想していたので耕運機を使わず鍬で耕したが、それでもなお傷つけた。
昨日の夕食

 他の夏野菜(ミニトマト8株、胡瓜6株)や、秋どりトウモロコシ40本は開墾地に植える予定。なお、茄子とゴーヤは既に開墾地に定着済みで、茄子はようやく花が咲き始めたところ。勿論、秋どりの茄子や胡瓜も種から育てる予定だ。

これらは種から育てるつもり、収穫は旧盆の頃
昼食兼おやつは、昨日の残りメークインと自家製コンフィチュールなお、蒸しジャガは男爵やキタアカリのほうが美味い。

 なお、最近、パンは、なるべく控えるようにしている。何しろ、遺伝子組み換え小麦は認知症のリスクが非常に高い食物と言われている。菓子も小麦原料は控えている。なお、天婦羅は値段が高いけど米油と伊豆産小麦粉を使用している。味噌、醤油も努めて国産大豆を原料したものを使用している。ところがゴルフの景品で頂いたキッコーン生醤油は95%は国産大豆だが5%のアメリカ・カナダ産が含まれている。捨てるのは勿体ないので止むを得ず使っている。

一番注意すべき食べ物はこれだ!

これは昨年、畑にこぼれた種から自生したゴーヤ苗をポット植えした
本日の夕食
先日、アピタで買って来た新生姜でがりを作った。一晩、冷蔵庫に寝かしておけば出来上がり。