ジャガイモ予定地を耕した。

午前中(AM9時頃)、隣村のゴルフ仲間が久しぶりにMUSIC CAFE「山河」(薪小屋)を訪ねてきたので、折角だからブルボン珈琲を振舞った。その後、友が帰ったのでAM10時半頃から、棚田の畑へ出て、昨日の続きを行った。しかし、ホンダのミニ耕運機では、なかなか作業が捗らなかった。そこへ棚田の管理人が来て、見るに見かねて、トラクターを棚田に入れてあっという間(約20分)に耕してくれた。ミニ耕運機だと、今日中はおろか明日中に終わるかどうか危ういところだったので、非常に助かりました。感謝、感激です。

昼休みを返上しても、この有様だもんね。
心強い助っ人がやってきた
本日の作業完了しました。肥料の鋤き込みと畝つくりは東京から戻ってから
PM3時頃、畑から戻ってきたら小屋の前に檜の丸太(径20センチ)6本が新たに置かれていた。おそらく木こり仲間だと思う。早速、割って風に当てて乾かすことにした。檜材は焚き付けに欠かせない。なお、クヌギの丸太は明日、薪にする予定。
本日の夕食
明日の午後から雨らしいので、薪小屋のわきに野ざらしにしていた薪を小屋の中に取り込んだ。