里芋の試し掘り

先頭打者HR46号で100打点達成!大谷翔平、最終戦初打席!46号!(エンゼルスvsマリナーズ)

AM8時現在 : 彼岸が過ぎると朝の8時を過ぎてもまだ縁側に日が差しません。
金木犀が徐々に開花し始めた。外へ出るとあのトイレの独特の香り(芳香剤)が匂ってきます。
朝食 : 紅はるかを蒸して皮を剥き、熱したフライパンで溶かしたバターを中まで浸透するよう時間をかけてまぶし、胡麻、塩をして、さらにオーブントースターで軽くあぶった。面倒だけど味は最高。「まうい!」

 午後から棚田の畑へ出て、里芋の葉の大きさに騙されて、里芋78株の内、3株を試し掘りした。思っていた通り小粒だった。やはり、まだ早すぎたようだ。何しろ、葉はまだ青々としているしね。収穫は11月以降です。

何故か、ジャガイモが1個混じっていた。(里芋はメークインの跡地に植え付けた)

 その後、拙亭前の畑の胡瓜に続き、開墾地の胡瓜も片付けた。これで胡瓜はすべて終わりです。しかし茄子はまだまだ元気で、ミニトマトと同様に収穫はしばらく続きそうです。

出来損ないの胡瓜は勿体ないので捨てずに収穫した。茄子は数個、ミニトマトは20個以上
富士柿の干し柿は概ね完成したので、1個、1個ラップに包んで冷蔵庫に今月末まで熟成 : 1個を試食したがあんぽ柿風で味は「まうい!」でした。
本日の夕食